カルバンクラインとは

カルバンクライン(Calvin Klein)とは、1968年、カルバン・クラインが設立した世界的なファッションブランド。
カルバン・クラインは1942年、アメリカニューヨーク州ブロンクス生まれ。独学で縫製を学んだ後、ニューヨークのスクール・オブ・アート・アンド・デザインに入学。その後、ニューヨーク・ファッション工科大学(FIT)に進み、1962年に卒業。
1968年、幼なじみのバリー・シュワルツと共にコートを扱うアパレル会社を設立、同時にレディースウェアのプレタポルテ・コレクションを開始。
1973年、最年少で「コティ賞」を受賞。
1993年、レディース・メンズ両部門で「デザイナー・オブ・ジ・イヤー」賞。
カルバンクラインを世界的に有名にしたのが、1970年代の後半に発表したジーンズライン。ハリウッド女優、ブルック・シールズを起用したPRで、人気を集めました。
90年代に入ると若者の間でカルバンクラインの下着のロゴを、ジーンズから覗かせるようなスタイルが流行。一方、低価格販売による大衆化が進み、「CK」の名前の入ったTシャツなどが世に出回り、ブランド価値が著しく低下しました。しかし、下着のボクサーパンツが流行し、会社は何とか維持。最近では低価格での商品販売を規制する動きを見せています。
カルバンクラインは、立ち上げ当初はレディース向けの商品のみでしたが、現在は、メンズウェア、スポーツ関係、時計、化粧品、香水と幅広く手がけています。
現在の人気商品と言えば、メンズアンダーウェア。モノトーンベースのシンプルなものが多く、カルバンクライン365のコットンストレッチは人気定番商品です。
日本でカルバンクラインと言えば、基幹ブランドの「Calvin Klein Collection」よりセカンドラインの「cK」のほうが一般的ですね。

カルバンクラインの魅力

カルバンクラインとは、ニューヨーク発の世界的総合ファッションブランド。アメリカでは、ラルフ・ローレン、ダナ・キャランと並んで、アメリカを代表する3大ブランドとも言われています。
カルバンクラインの魅力としては、メリハリのあるラインとシンプルなシルエット、機能的でしかも品のあるデザインに加え、洗練された高級感があることが挙げられます。
カルバンクラインは、立ち上げ当初はレディース向けのラインのみでしたが、現在は、スーツ、ドレス、コートなどのアパレルものから、時計、アクセサリー、スポーツウェア、サングラス、下着、バッグ、財布、ネクタイなど、全身コーディネイトが可能なほど、カルバンクラインの商品ラインは多彩。メンズラインも充実し、シンプルで洗練された、オトナのイメージが人気となっています。
カルバンクラインの製品は、一つ購入すると、他のアイテムも次々とそろえたくなってしまうとのこと。シンプルなデザインと素材のよさが光るブランドと言えるでしょう。

スポンサードリンク